徹底リサーチ☆スキンケア比較6サイト

TOP > スキンケア情報 > くすみ肌が気になるならスキンケアの工程に蒸しタオルでのケアをプラス

くすみ肌が気になるならスキンケアの工程に蒸しタオルでのケアをプラス

肌のくすみに悩める乙女も少なくはないですが血行不良によるくすみ肌で悩むなら、スキンケアのステップに蒸しタオルを加えることです。
洗顔をしたらすぐに化粧水をつけるのがいつものお手入れですが、その前に電子レンジで蒸しタオルを作り、肌にのせて温めます。
清潔でや柔らかいフェイスタオルを用意して、水をつけて縛り、電子レンジで加熱してすぐに出来上がりです。
顔の上にのせて1分ほどで血行が良くなりますし、温かさで心までリラックスをします。
温めるのは顔だけではなく、血行を良くするために首の後ろ側を、蒸しタオルを使用してあたたっめるのもコツです。
首元も顔も蒸しタオルをしたことで血行が良くなり、顔の色も明るさを取り戻します。
血流の良い肌状態は久住とは無縁の、明るいふっくらとした健康的な肌状態です。


ファンデーションをのせても、なぜか頬はかさつきが気になり、鼻の頭はてかりが気になるというのであれば、原因は明らかに肌の水分不足です。
保湿のスキンケアとメイクアップは切っても切れない深い関係にありますし、保湿が不十分のままではファンデーションをのせても、メイクのノリはイマイチになります。
素肌のかさつきが気になる部位や、てかりがに気になる部位には、集中的に保湿をすることが必要ですから、化粧水での保湿ケアをすることです。
使うのはキッチンペーパーであり、気になる部位のサイズに合わせてカットして、そこにたっぷりの化粧水を染み込ませて使います。
気になる場所にたっぷり化粧水のキッチンペーパーをのせて、そのまま3分から5分パックしたら、乳液を塗布してしっとり肌の完成です。


室内ではエアコンの影響で乾燥をしますし、外では紫外線や空気の影響で乾燥しやすいので、肌の乾燥を強く感じたら、ホームケアでのパックです。
市販の高級なパックを購入することはなく、使うのはキッチンにある、はちみつとオリーブオイルがあれば、すぐにしっとり肌になるパックができます。
器にはちみつとオリーブオイルを同じ分量だけ入れて混ぜたら、清潔な肌の上に塗布して、その上に食品用ラップをのせて5分から10分ほど時間を経過させます。
バスタイムのリラックスした時間にするのも良い方法であり、浴槽でのお湯の温かさはパックの浸透をより高いものにするので、バスタイムのパックはピッタリです。
時間が経過したらよく洗い流して、化粧水や乳液での保湿のスキンケアをすれば、しっとりとしたスベスベの素肌になります。

次の記事へ

カテゴリー