徹底リサーチ☆スキンケア比較6サイト

TOP > スキンケア情報 > スキンケアの基本洗顔の洗い始めは皮脂分泌も多いTゾーンから

スキンケアの基本洗顔の洗い始めは皮脂分泌も多いTゾーンから

スキンケアで肌汚れを落とすことが大事なのは、多くの女性は理解はしているものの、洗顔をするときどこから洗うかはあまり意識はしていません。
メイクを落とすクレンジングをするときにも、石鹸での洗顔をするときにも、洗い始めはTゾーンからスタートです。
おでこや鼻の頭は皮脂分泌が激しくて、毛穴にも皮脂が詰まりやすいので、最初にTゾーンから洗い始めるようにします。
目元の皮膚は大変薄くて弱いので、目元から洗い始めると皮膚へのダメージが大きいです。
はじめに皮脂量の多いTゾーンを優しく洗い、フェイスラインのUラインや、皮膚の薄い目元を洗うようにします。
洗うときに最も注意をするべきなのは、力を入れた擦り洗いをしないことです。
強力な力で肌を擦り洗いをすると、その摩擦により皮膚にはしわが生じやすくなります。
洗顔といえどもこすり洗いは皮膚への摩擦ですから、メラニンが過剰に分泌するなど、肌トラブルを招くもとです。


化粧水を肌に塗布するスキンケアを行うとき、素手でそのままつけるのか、コットンを使用するかは好みにもよります。
好んでコットンを使用するのであれば、コットンを使うことで、皮膚に負担をかけないようにすることです。
ふわふわとしたコットンは、触れてみても柔らかいので、肌にはソフトと考えますが、実はそうでもありません。
コットンは何重もの繊維の集合体であり、化粧水を肌につけるときコットンの繊維により、目には見えないほどの傷を皮膚につけてしまうことがあります。
特に激安商品の薄くて手触りも微妙な商品は、肌のためには使うべきではないですが、使用するなら厚みがあってふかふかのコットンです。
柔らかくて厚みがあるコットンであれば、化粧水を肌に塗布するにしても、多少なりとも刺激を軽減することができます。


洗顔後のスキンケアは化粧水をつけて美容液へと進みますが、最後の仕上げは乳液や美容クリームです。
乳液や美容クリームを使うときには、量が少なすぎると肌の上で滑らせたとき、滑らかさを与えるより摩擦になります。
清潔な手のひらに乳液や美容クリームをとり、手のひら全体を使いたっぷりと顔全体に塗布することです。
クリームの指の先先だけで肌につけようとすると、顔の肌に触れる面積も低く、肌への美容クリームの成分の浸透も下がります。
乳液もクリームも油分と美容成分を含むので、しっかり肌に塗布されなければ、本来の美容効果を発揮しきることができません。
口元や目元といったソフトなパーツは、指先を使い塗布をしますが、ほかのパーツは基本的に手に平での塗布です。
手の平を使用して、乳液やクリームを優しくプッシュして浸透をさせていきます。

次の記事へ

カテゴリー