徹底リサーチ☆スキンケア比較6サイト

TOP > スキンケア情報 > 正常な皮膚のバリア機能を保持するためにもスキンケアはとても大事

正常な皮膚のバリア機能を保持するためにもスキンケアはとても大事

毎日女性肌への保湿重視のスキンケアを欠かすことがありませんが、これは皮膚が持つバリア機能を正常に保つためにも大切なことです。
皮膚は本来とても薄くて簡単に水分を失いやすい傾向がありますが、外部刺激から皮膚を守ってくれるのがバリア機能であり、正常な状態なら肌は健康を維持できます。
素肌の乾燥はバリア機能を低下させる要因になりますが、角質層に満たされていた水分が減ってしまい、隙間のある角質層になってしまうからです。
洗顔で熱いお湯を使ったり洗浄力が強いクレンジングや洗顔料を頻繁に使用すると、うるおいに必要は皮脂まで落とされます。
皮脂は悪者にされやすいですが、ある程度の皮脂は天然のクリームの役目をするので、全て落としてしまってはいけません。
水分量だけではなく、油分も一定以下になればバリア機能は低下をするので、肌を守るためにも保湿ケアは必須です。


肌への潤いを高めるための基礎化粧品の使用ですが、逆効果になるスキンケアのやり方もあるので要注意です。
誤った基礎化粧品の使い方として、肌に塗布する際に刺激を与えすぎてしまい、皮膚の角質層にダメージを加えてしますことがあります。
化粧水をつけるときにはパッティングをする女子も多いですが、力を入れてコットンで肌を叩くと、それがすでに肌には負担です。
叩いて入れる化粧水は皮膚にとってみれば、水分をもらうよりも刺激のダメージの方が大きくなります。
洗顔後の化粧水はコットンで叩くのではなく、清潔な手のひらに化粧水をのせて、それを顔全体へと優しく浸透させることです。
優しく顔を覆うようにして、温かい手の平で顔の肌が潤うまで、数回化粧水をハンドプレスで入れていきます。
十分な肌への水分での保湿ができたら、美容液や美容クリームも、肌に負担の無いように塗布することです。


スキンケアは朝と夜の洗顔後だけと思い込みやすいですが、日中でも化粧直しをするときには必要です。
女性であれば朝施したメイクが1日完璧にキープできないことは知っていますし、だからこそランチタイムのあとや、休憩の時の化粧直しは欠かせません。
しかしメイクが崩れた部分にただファンデーションを重ねるだけでは、見た目にとても厚化粧になってしまいます。
そこでやりたいのが化粧直し前の保湿ケアであり、化粧直しを成功させる秘訣は保湿ケアがコツです。
崩れたメイクはコットンに乳液を含ませて落とすことで、メイクオフと保湿を同時にすることができます。
ミスト場の化粧水を使っても良いので、とにかく化粧直し前には保湿ケアをするようにして、メイクの仕上げにはルースパウダーで仕上げることです。

次の記事へ

カテゴリー